生活習慣病について学ぼう

HOME >>  生活習慣病について > いくつかの予防方法

いくつかの予防方法

最近の日本では、食生活の洋風化やモータリゼーションの発展による運動不足により、多くの人が生活習慣病になっているもしくは生活習慣病予備軍になっていると言われています。

生活習慣病とは、その名の通り、その人の生活習慣が原因で病気になったり、病気にまではならなくても、病気寸前の状態になってしまうものです。生活習慣病として挙げられるのが、高血圧や成人病、高脂血症などがあり、こうした症状のほとんどは、遺伝的なものではなく、その人がこれまで歩んできた生活それ自体が原因となっています。

生活習慣病が恐れられている理由として、いわゆるサイレントキラーと呼ばれていることです。つまり、病気の前兆は無く、突然高血圧や成人病などの症状が現れることです。それ以外の理由としては、生活習慣病それ自体は命には直接影響はありませんが、この病気が原因となり、結果として命に大きな影響を及ぼす可能性が高くなります。具体的には、高血圧は、心筋梗塞や脳梗塞などの血管に関する病気の原因になり得ますし、高脂血症は、糖尿病や心筋梗塞などの病気の原因になります。

これらの病気は人体に大きな影響を及ぼすため、その原因となる生活習慣病を予防することは人間にとって非常に重要なものになります。具体的には、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行うことです。有酸素運動を定期的に一定量行うことで、カロリーを消費して、体内の脂肪を減らします。また、定期的な運動を行うことで、ストレスの解消を行うことが可能です。ストレスも、心筋梗塞や脳梗塞など血管の病気に対して悪影響を及ぼします。そのため、そうした病気の原因となるストレスを運動を通じて解消することで、病気の罹患を防ぐことが可能になります。それ以外の予防法としては、食生活に気をつけることです。