生活習慣病について学ぼう

HOME >>  生活習慣病について > 生活習慣病の原因

生活習慣病の原因

生活習慣病とはかつて成人病と呼ばれてきましたが、近年その原因が様々解明されてきていています。
以前は働き盛りの30代から40代以降の人々に多く症状があったため成人病と名付けられましたが、現在では病気の原因を作らないように自ら予防・対策をすすめるようにと改めて生活習慣病と名付けられました。

生活習慣病の原因は、普段の生活習慣が影響を受けています。例えば、食生活の乱れ(暴飲暴食・偏った食事)運動不足・飲酒・喫煙・ストレスなどがあげられます。これは、近代の背景が映し出され生活の便利性やストレス社会が影響されています。
また、生活習慣病の一つである糖尿病は遺伝性のものや妊娠中による糖尿病もあります。日本での生活習慣病患者は3人に1人の割合で存在します。中には生活習慣病の予備軍と呼ばれる方も多く存在しています。

生活習慣病はかかってからの治療ではなく普段の生活の見直しをすることで予防することが可能です。一度かかってしまうと、脳梗塞などのように死に関わる病気もありますし、糖尿病のように一度かかってしまうと治らない病気もあります。

偏った食事ではないか?運動不足ではないか?など一つ一つ見直してみてはどうでしょうか?些細なことですが、生活の中に少しでも運動を取り入れるそう難しいことではありません。
通勤時一つ手前の駅やバス停で降りて歩いてみることや家事でもいつもより大きく体を動かすなど、些細なことで防げる可能性があります。食事の面でも、朝食に野菜を取り入れたり今話題のスムージー(野菜や果物をミキサーで混ぜたもの)などを取り入れるなど、普段の生活に1つでもプラスすることで大きな変化となります。

今一度、自分の生活を見直し生活習慣病の予防に心がけてみてはいかがでしょうか?